ようこそ、Quick Homepage Makerへ。簡単、シンプル、美しいページを作りましょう

JCJ賞

2018年 JCJ賞 5点が発表されました

JCJ賞  『日本ナショナリズムの歴史』全4巻  梅田正己 高文研
 安倍政権による執拗な改憲指向の根底にナショナリズムがある。それは米国追随という奇妙な形ではあるが、ナショナリズム自体は日本人の思考の底流に潜んできたものであり、それが戦後70年を経た今、よみがえってきた。著者は、古代から中世に日本のナショナリズムの源流を求め、近現代に神権天皇制、超国家主義、軍国主義として具現化していく道筋を多彩な史料をもとに明らかにして行く。

JCJ賞  [財務省による公文書の改ざんをめぐる一連のスクープ]  朝日新聞社(東京社会部、大阪社会部の取材班)
 財務省が森友学園との国有地取引の際に作成した決裁文書の改ざん疑惑スクープ。報道後に財務省は調査報告書を公表し、改ざんの事実を認めた。削除部分には安倍晋三首相の妻昭恵氏の名前もあり、国会でも追及され、大きな政治問題に進展している。

JCJ賞 「米の核削減、日本が反対 核弾頭の最新鋭化も促す」「『沖縄に核』日本容認」その他続報 
     しんぶん赤旗 政治部、外信部
 独自に入手した米側の文書をもとに、オバマ政権が標榜していた「核のない世界」の強大な妨害勢力の一つが、唯一の戦争被爆国で非核三原則をもつ日本政府であった事実を連続スクープ告発した。この報道は沖縄地元2紙、共同、時事などで広まり、国会では共産党だけでなく他の野党も追及し大きな反響を呼んだ。

JCJ賞 [沖縄へのデマ・ヘイトに対峙する報道]   沖縄タイムス 編集局
 米軍ヘリ部品落下事故の被害者である保育園や小学校への誹謗中傷など、沖縄に対するデマやヘイトが年々ひどさを増している。SNSだけでなく産経新聞や作家・百田尚樹氏の差別的発言、さらには県内のラジオ番組などからも流布されるまでになった。基地を押し付けている罪悪感は微塵もなく、本土という「安全地帯」から浴びせられる心理とは何か。日本社会の病理をえぐる。

JCJ賞 NNNドキュメント18 南京事件Ⅱ 歴史修正を検証せよ 2018/5/13(5/14) 日本テレビ放送網

 3年前の第1部に続く2作目である。1937年中華民国で起きた中国人大量虐殺事件、南京事件を調査取材したものである。当時の文書などは軍によって全て焼却されている中で、日本兵の日記や証言を手がかりに裏付けをとり、資料を集め、時には図解やイメージ映像を作り上げて現場を表現、真実に迫った。国会議員を巻き込み、この事件はなかったという歴史修正の叫びがネットで流されている今日、この作品を放送した意義は大きい。

時には図解やイメージ映像を作り上げて現場を表現、真実に迫った。国会議員を巻き込み、この事件はなかったという歴史修正の叫びがネットで流されている今日、この作品を放送した意義は大きい。

※ 授賞式は8月18日(土)東京・内幸町 プレスセンターホールで行われる。

powered by Quick Homepage Maker 5.3
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional